nanto-e.com archive

「打ち水」最終研修会で・・・

2010年10月05日

★今回の「打ち水」最終研修会で、2010年度の「打ち水大作戦!」は終了しました!

★6月に初めての「打ち水」研修会を行い、「打ち水」先進地のきたまち商店街の「打ち水」のやり方を学び、酷暑の8月には1週間の朝夕2回ずつの「打ち水」を実践し、同月20日に「打ち水」事後研修会できたまち商店街と南砺市商工会女性部との成果や反省を報告しあい、そして今回の最終研修会では、「打ち水大作戦」本部事務局の浅井さんから、地球上の水問題についてお聞きしました。


★浅井さんは「特定非営利活動法人:日本水フォーラム」アジア・太平洋水フォーラム事務局のマネージャーでもあり、「打ち水大作戦!」はその中の一つの事業なのです。

★「打ち水」を通して、地球上の水問題に取り組んでもらうことが大切で、すべての人が水に起因する苦しみから解放され、水の恩恵と価値を最大限に享受できる世界の実現をめざして活動されているそうです。

★世界では、まだ、9億人が安全な飲料水を、26億人がトイレを必要としています。
毎年5万人もの命を奪う、洪水などの水関連水害は、適当な備えと計画があれば、その多くの命を救うことが出来るそうです!

★またフォーラムでは、「Web水検定」を実施しており、国内外の水問題を学び、学んだ成果の腕試しと同時に国際貢献もできるシステム。
受験料の一部は途上国の草の根活動の支援に使われます。
あなたのチャレンジが、世界の人々を救います!

★一連の「打ち水」事業が終了したので、これから補助金請求を行う手配です!なかなか使いづらい点もままある補助金でしたが、何と言っても2人の講師をお呼び出来た事は補助金のおかげであります。この出会いから、お二人の後ろの方々との関係が続くことにもつながり、南砺市のファンがまた増えた訳でもあります!










10/4資質向上支援事業(井波支部)を実施!

2010年10月06日
★昨日までの晴天が・・・・あいにくの雨模様
井波支部では「資質向上支援事業」が行われました!
まずは、交通広場へ集合し、ガイドグループ「井波の風」寺井さんから、井波のいわれ・歴史・井波彫刻について説明があり、八日町通り〜瑞泉寺まで色とりどりの傘の花が咲きました。



★干支の表札やバス停の看板は、井波彫刻がふんだんに施され、地元部員も福光・利賀・井口等からの参加部員たちも瑞泉寺の山門の彫刻に目を奪われています!



★瑞泉寺本堂脇にある水盤は、なんと水盤として作ったものではなく、ダム工事用の資材を入れて運んだ容器の蓋を利用したものだとか!?あ〜ぁ知らなんだ!(ご存知でしたか?)
本堂に向かって両サイドに鎮座しております!

★昨年は床下工事のため、めったに見られない貴重な基礎部分が公開されており、現在は畳450畳が入口からまっすぐに敷かれていました(西の寺は、横向きに畳を敷く)明徳元年(1390年)今から620年前に、本願寺第5代の綽如上人が創建し、3度にわたる火災によりその都度再建されてきたといいます。
尚、3度目の火災では、山門に施された龍が消火したという伝説が残っています。



★どこを見ても釘1本も使われず、先人の知恵があちこちに散りばめられています!例えば、曲がった気を利用した欄干の手すりや、太子堂の5層にはめ込まれた美しい模様の壁面や、手鋏み彫刻(籠彫り)などなど、日本で4番目の大きさの総ケヤキ仕立て・・・井波の人々は京都のお寺へ行っても、瑞泉寺の方が大きいワ、ビックリすることもないワ、ふぅ〜んとビビる事がないという話を聞いたことがあります。
身近にすごいものが当たり前のようにあっても、不思議と他から言われないと分からない(気付かない)ことって多いですよね!



★1時間余りのガイドさんによる話を、聞くと聞かないとでは、やっぱり「井波の奥の深さや良さ」が理解出来ないだろう・・・その後、講演会会場の「松屋」さんへ・・・古い民家を利用した有名な欄間2点が入った座敷へ・・・落ち着いたたたずまい。

★井波出身のジャーナリスト:千秋健さんによる「地域の活性化〜素材を磨け!〜」と題して講演会。
女性部(井波支部)が今回取組んだ、「太子伝」の過去からの写真展を例に、「記録」と「記憶」について
記憶を記録する記録映画を仕事としていた先生は、かっての通学路をしっかりと地図に描けるという。それは経験やら思い出やら感覚へと繋がる。


★昔は直観を持つていたが、利便性が手に入ったと同時に失ったものが多い。オーム教がはやりだしたころから、ある意味感度の良い人間が出てきて、日本は何か変わりつつあった。
なぜ便利なの?と考える。不便な時の便利を考える。失ったものは、出会い・コミュニケーションetc

★再び活性化はあり得るのか? 無い!!!不可能としか言いようがない。
なぜなら、私たちは科学的利便性を傍受してしまったから・・・自動車・洗濯機・掃除機・冷蔵庫etc
地域の力・・・伝統を守るだけでは衰退していく(井波彫刻)お客のニーズを知ることで続く。地産地象で循環する。

★時代は再生を求めている。でも懐古主義的な復活でなく、オリジナル(新しい)地域の創造であり、過去→現在→未来への創造である。東京のまねをやめて、ここにあるものを磨くこと→本物が一流にする→この土地ならではのオリジナリティがないとだめ!
100年続くと老舗・3代続いていないと江戸っ子と呼ばない!


★地域の力とは、地域の生産力(地域の収益)である。地域の自力(自然・伝統・文化)を再確認し、地域の力(自場産業)の再生を図るために、地域のコミュニティを復活させることです。今一度原点に返り、郷愁ではなく、新しい井波の創造です!

★最後に昼食をいただいて解散・・・・なんだかアイデァ(想像力)が湧いて来そうな気持ちになりました!

11/13山田邦子氏講演会

2010年10月19日
山田邦子氏講演会を開催します!

★現在、女性の20人に1人が乳がんになるといわれています!
今回、タレントの山田邦子さんをお迎えし、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えてもらいます。
合言葉は「笑顔のおかみさんは、がん検診を受診しています!」

★おかみさん達が健康であることで、元気な商店・元気な企業・元気な地域が生まれる事を願い、乳がん検診の受診啓発活動(ピンクリボンキャンペーン)に共鳴し、下記の通り講演会が実現したものです。

と き  11月13日(土)12:30〜開場
              13:30〜開演
ところ  井波総合文化センターメモリアホール

講 師  山田 邦子 氏

テーマ 「 大丈夫だよ がんばろう!」

開演前に、ホール前の「ホワイエ会場」を利用し、乳房模型やパネル等を展示しますので、実際に触ってみて下さい。がん撲滅チラシやポケットテッシュなどの
配布も予定しています。

★チケット500円発売中!
南砺市商工会本部(藤田)まで・・・みなさん来て下さい!(TEL52-2038)

2010 年
2
3
11
12
2009 年
1
2
3
4
5
12

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。